_5.jpg
history

​北藤ファームの歴史

 私さゆりは、北藤(ホクトー)ファーム先代社長の次女、四人きょうだいの末っ子として十勝に生まれました。

 小さな頃は当たり前のように、家業としての牛舎を手伝いながら育ちました。

まきばの風はあの日のまま。

 現在は、十勝広尾町で最大の頭数を持つ農家となりましたが、子どもの頃には仔牛の世話をしながら、朝早くから夜遅くまで働く祖父や祖母、両親の姿を毎日眺めていました。

 昭和二十六年。
 初代農場主であるおじいちゃんが、森を拓いて営農を始めた当初は「牛一頭、農耕馬一頭から始まったんだ」と、時折父が話してくれます。

_3.jpg
_2.jpg

 令和の時代となり、乳用牛と肉用牛合わせて千頭を超える規模となった今でも。

 そしてこれからも。

 私の中の北藤ファームとは、どこまでも広い青空の下、風になびく牧草地に集うあの頃の家族の姿のままです。